Uターン就職活動Q&A

Uターン就職活動 Q&A

Q1 Uターン就職をするか、いつ決めればいいの?

Uターン就職をした人の中には、就職活動をする前から地元に帰ることを決めていた人も、就職活動を進める中で地元の企業を選択肢として考え始めた人もいます。そのため、最初からUターン就職しようと決めておく必要は必ずしもありません。しかしながら、興味を持った地元企業が見つかったのに気づいた時には採用活動が終了していた…とせっかくのチャンスを逃すことにもなってしまいます。Uターン就職をすると決めなくても、地元に興味を持てる企業があるかどうかは、帰省した機会を活用して早めにチェックしておくと良いでしょう。

Q2  Uターン就職の場合、採用数は多い?少ない?

地域に根差した金融・電力・鉄道などのインフラ系企業 や、地方に拠点を持ち、周辺の都道府県にも商圏を広げている企業、地元の自然や農産物を活かした地場産業など、継続的に新卒採用を行っている企業も多数あります。まずはどんな企業があるのかを調べて、その企業に興味があるのかを情報収集しながら、じっくり考えていきましょう。

Q3 地元での就職活動と大学生活の両立は大変?

大学生活をしている地域での就職活動でも、選考と大学の授業、アルバイトのスケジュールを管理するのは大変です。地元での就職活動を行うには、更に地元への移動時間も必要になってくるため、更に大変になってきます。春休みなどの長期の休みを利用して、一気に選考を進めるのが一般的です。アルバイトをしている場合は、バイト先にも就職活動でお休みが多くなるなど、事前の連絡をしておきましょう。また、サークルや学校行事も出てくると思います。周りにも協力してもらってスケジュールを工夫しながら進めるようにしましょう。

Q4 Uターン就職は、地元の学生よりも不利?

不利ではありませんが、対策は必要です。 Uターン就職の面接では、企業から「本当に地元に戻る意志があるのか?」と突っ込まれることがあります。これは、「地元で働く覚悟」を確認するために聞いているのですが、企業の担当者も地元に戻って就職活動をする大変さは認識しています。親元を離れて自立した生活を送ったことがある人に対しては、積極性や主体性に期待する傾向もあるので、面接の際に、「なぜ地元に戻って就職をしたいのか」を伝えられるように整理しておくと良いでしょう。 また、地元の求人など情報面で不利にもなりますので、地元の親や友達から求人情報等を教えてもらうなど、協力してもらう体制を整えておくと良いでしょう。

Q5 Uターン就職活動はお金がかかる?

Uターン就職では、移動の交通費がどうしてもかかってしまいます。ただし、高速バスなどを利用すると比較的コストを抑えられることもありますので、普段の帰省で使っている移動手段以外にも活用できる方法がないかはチェックしておくと良いでしょう。Uターンか否かに関わらず、就職活動ではスーツやカバンの購入等で費用が掛かるので、空き時間に少しずつアルバイトをして貯金をしておく、親に援助を申し出る等をして就活資金を確保しておきましょう。

はじめての方へ

就職なら地方で」を応援するU・Iターン支援サイト「じもナビ」の使い方

じもナビの使い方

  • Uターン就職とは
  • Iターン就職とは

人気企業ランキング

有限会社 オイカワデニム

宮城県気仙沼市本吉町蔵内83-1

株式会社キムラ

山形県米沢市春日1丁目7-77

株式会社群桐産業

群馬県太田市藪塚町3201

株式会社ジー・アイ・ピー

宮城県仙台市青葉区春日町6-15

ニチロ毛皮株式会社丸子工場

長野県上田市生田3248(丸子工場)