Iターン就職の魅力

Iターン就職の魅力

故郷を離れて就職する場合、友達ができるか、地域に本当に溶けこんで自分らしく活きいきと仕事や生活を送れるのか、不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、多くの場合、Iターン先の会社や地域の人は新しい仲間を歓迎してくれることが多いようです。Iターン就職をして活躍する先輩の声をご紹介します。

地域活性化に貢献! 高齢化、過疎化が進んでいる 地域に若い力を!

Iターンでの就職をした人の中には、地域活性化に興味があったという人がいます。自分が生まれ育った地域ではないものの、その地域の自然などの資源に魅力を感じたというのがその理由です。地域活性化に力を入れている背景には、高齢化や過疎化などの問題を抱えているケースはあるようですが、そのような地域だからこそ、若い世代にできることがあると考えたという人もいるようです。地元ではないからこそ、その地域の魅力を客観的に、理解し伝えることができる面があることでしょう。 また、農業に興味があり、「半農・半○」と呼ばれるような二足のわらじで仕事をしている先輩もいます。仕事の半分では、農業に携わり、残りの半分は自分が好きなことや得意なことをやるというワークスタイルです。○にあてはまるのは、IT系のプログラミングやコーディング、デザインなど自分のスキルを活かした仕事や地域の会社の営業活動サポートなどです。このような自由なワークスタイルを取れることもIターン就職の魅力の一つとなっています。

自然や季節の 移り変わりを 身近に感じられる 住環境もより豊かに

都市部は高いビルが多く、公園など自由に遊べるスペースも限られてしまいます。Iターン就職をしたいと感じる人の中には、自然が多く残っていて、水や空気、季節の美味しい食べ物を食べることができる地元の生活を大切にしたいと考える人がいます。「通勤時のラッシュや車の渋滞などに巻き込まれることも少ないためストレスが少ない」、「休日にアウトドアを楽しみたい」、「若い世代でも庭付きの一軒家を持つことができる」、「週末には農業にチャレンジしたい」など、都心部よりも生活環境における望みを叶えやすいという声もあります。生活環境を重視したい人にとってもIターン就職は魅力的だと感じてられているようです。

第二の故郷ができる! 就職を期に 新たな人間関係が できる

Iターン就職をした理由を聞いてみると、「Iターン先の地域の自然・生活環境の魅力を感じた」、「やりたい仕事がその地域にあった」、など様々です。しかし、Iターン就職をした人は共通して、「第二の故郷がある」ことで豊かな人生を送れていると感じる傾向にあるようです。 都市部とは違って、地方では地域密着型のコミュニティが形成されていることが多く、お互い助け合って生活する意識が根付いています。そのため、清掃活動やお祭りなど、全体で一緒になって取り組む活動が数多くあり、自然に地域の人と仲良くなれる機会があります。そうした中で、野菜やお米を頂いたり、夕食に招いてもらうなど、家族のようなお付き合いをしているパターンも少なくありません。

はじめての方へ

就職なら地方で」を応援するU・Iターン支援サイト「じもナビ」の使い方

じもナビの使い方

  • Uターン就職とは
  • Iターン就職とは

人気企業ランキング

有限会社 オイカワデニム

宮城県気仙沼市本吉町蔵内83-1

株式会社キムラ

山形県米沢市春日1丁目7-77

株式会社群桐産業

群馬県太田市藪塚町3201

株式会社ジー・アイ・ピー

宮城県仙台市青葉区春日町6-15

ニチロ毛皮株式会社丸子工場

長野県上田市生田3248(丸子工場)